包括的セクシャリティ教育

comprehensive sexuality education

日本は、純潔教育、性行動のリスクを強調した教育、寝た子を起こさないような抑制的性教育が行われてきた歴史があります。

 

2009年にユネスコ(UNESCO)の『国際セクシャリティ教育ガイダンス』初版が発表されて以降、包括的セクシャリティ教育(comprehensive sexuality education)の重要性が世界的に広く認識されるようになり、2018年には改訂版が発刊されました。

『国際セクシャリティ教育ガイダンス』(改訂版)には、8つのキーコンセプトがあります。

 

  1. 人間関係
  2. 価値、権利、文化、およびセクシャリティ
  3. ジェンダーの理解
  4. 暴力と安全確保
  5. 健康と幸福のためのスキル
  6. 人間のからだと発達
  7. セクシャリティと性的行動
  8. 性と生殖に関わる健康

 

当院では、これら8つのキーコンセプトを軸に、迷信や慣習等ではなく、科学的根拠に基づいて、包括的セクシャリティ教育(CSE)を行っていきます。

 

また、学年・年齢ごとに「テーマ」を限定的に設定するのではなく、地域やお子様たちの性意識・性行動の実際、お子様たちの体験やニーズ、皆様の疑問を踏まえて、どのような課題があるのかを皆様と共に探求したうえで、セクシャリティ教育を実践していきます。

 

幼稚園児や保育園児等の小さいお子さんから、小学生、中学生、高校生、また、保護者や大人の方向けにも、包括的セクシャリティ教育を実践させていただきます。

 

包括的セクシャリティ教育には、妊娠や出産、避妊、性感染症、自分の体について知ること、性被害に遭わないために注意すること、自分や他の人へのrespect、性的同意、セクシャリティ、多様な性ネットリテラシーなどの幅広い分野がテーマが含まれています。

 

包括的セクシャリティ教育についてのお話をさせていただくことを通して、皆さんが、「いのちの大切さ」や「ありのままの自分であることの尊さ」を感じ、周りの人を大切にしながら、自分らしく生きるお手伝いが出来たら幸いです。

お子様たちをrespectし、助産師として、包括的セクシャリティ教育をどう伝えていくか・・・ということが、生涯の課題であると考えております。

 

ユネスコの『国際セクシャリティ教育ガイダンス』では、5歳からの性教育が推奨されていますが、〇歳~と決めつけず、お子様の様子をみながら、なるべく早めにスタートしてあげてください。

そして、性教育を受ける時期は、決して遅すぎることはありません。

また、何度でも、繰り返し学んだり、学びなおしたりできます。

お子様だけでなく、大人の方も一緒に学んで、価値観の見直しをしてみてはいかがでしょうか。

セクシャリティ教育を学ぶということは、まさに、自己変革の課題の探求なのです。 

 

セクシャリティ教育をするにあたり、大人自身の体や性などのプライベートなことを、すべてお子様たちに話をする必要はありません。

相手の体や性に関するプライベートなことには、軽率に立ち入らない、それが『相手を大切にするということだ』ということを伝えていくことも、とても重要です。

 

どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

 

 当院は、『助産師による思春期の健康教育』(公益社団法人日本助産師会発行)に基づいて、『包括的セクシャリティ教育』を実施しております。