母乳育児相談

以下のような悩み・症状があるとき

  • 乳房のしこり
  • 白斑(乳頭上にできる白い点)、乳頭の痛み
  • 母乳が不足している感じがする(母乳分泌不足)
  • 赤ちゃんがおっぱいに吸い付くことが難しい
  • 母乳分泌過多
  • 赤ちゃんが体重増加不良と診断された時の授乳方法
  • 母乳を与えることをやめる方法(卒乳・断乳)、その後のしこり
  • 乳腺炎

※発熱や乳房に発赤があるときには、当院を受診させる前に医療機関を受診してください。

母乳育児

必要に応じて以下のケアをさせていただきます。

□赤ちゃんへの母乳の与え方

赤ちゃんの支え方、おっぱいの支え方、赤ちゃんへのくわえさせ方、授乳姿勢、授乳のタイミング、授乳環境づくりなど、お母さんと赤ちゃんが共にゆったりと授乳できる方法を一緒に見つけていきましょう。

 

□乳房マッサージ
赤ちゃんが乳房に吸啜できる状態になることを目指します。痛くないように配慮させて頂きながら、マッサージを行います。

□乳房トラブルが生じたときに、皆様自身で行える方法をお伝えしていきます。


□リフレッシュマッサージ
産後、授乳や生まれて間もない赤ちゃんのお世話で首肩や腕に疲れが生じます。
でも、エステやマッサージに行くには赤ちゃんはまだ小さいし、マッサージ中に乳房が痛かったり乳汁が出てしまうのが心配・・・。
そんな時に、赤ちゃんをママの傍らに寝かせながら、ご自宅でリフレッシュマッサージを受けて頂くことができます。産後の疲れや母乳分泌促進に効果的です。
 
□産後のセルフマッサージ・リフレッシュエクササイズ
日頃の抱っこや授乳による疲れ、気分のリフレッシュのために効果的です。

ご自身でできるセルフマッサージや、赤ちゃんと一緒に楽しむエクササイズをご紹介いたします。

マッサージ