· 

ネットリテラシー 性教育の重要な要素

現代は、幼いころから気軽にインターネットにアクセスできる環境が多くみられます。

そのため、予期せぬトラブルに巻き込まれてしまう可能性も出てきます。

 

お子様を守るためにも、親子でネットリテラシーを身につける必要があります。

リテラシーとは、正しい情報を取得して知識をつけ、問題を解決する能力のことを指します。

 

幼児や小学校低学年の場合、まずは、お子様が利用するPCやスマホの機能制限をするほか、フィルタリング機能を活用して、アダルトサイトにアクセスしにくい状況を作ることから始めましょう。

トラブルに巻き込まれた時の相談窓口の確認も必要です。

ご家庭で、インターネット利用ルールを設定するのも効果的です。

お子様と相談して、「我が家のルール」を決めてみてくださいね。

 

年齢が高くなると、先輩や友達など周囲からの知識を得たりするので、フィルタリングなどで対応しても、すべて遮断することは難しいと思われます。

 

アダルトサイトは、成人が楽しむために作られたものであり、あくまでもフィクション、現実とフィクションの線引きが必要になります。

ご家庭ごとに、お子様がフィクションと現実の線引きをしっかりできるかどうかを確認し、利用ルールのあり方について判断する必要があります。

 

そして、幼い子どもを対象とする性描写や性暴力などの犯罪行為をしているもの、過激な描写をしているものに関しては、禁止するなどの基準をしっかりもうけましょう。

 

お子様の行動すべてを見守ることはできないので、お子様と相談して「我が家のルール」を決めたら、あとはお子様を信じてみることも大切です。

(ある程度の年齢になったら、ルールや事前の断りなしに、勝手にスマホを見ないようにしましょう。)